So-net無料ブログ作成

アトピー・湿疹対策シリーズ 目次 [アトピー・湿疹対策 目次]

スポンサード リンク




ここは(いちおう)免疫学研究者の端っくれママとパパ(会社員)のブログです。
最近アトピー性皮膚炎についての記事を書き出したら、読んでくださっている方が多いようなので、アトピー関連記事のリンクを作りました。

※これらのアトピー記事は、0〜6才くらいまでの乳幼児アトピーを対象にしています。
もちろん、中には学童や思春期、成人期のアトピーの方が読まれて役に立つ記事もあるかとは思いますが
乳幼児の湿疹やアトピーに悩むママ、パパを想定して記事を書いていますので、その点注意して読まれてください。
(たとえば、ステロイドを使うべきかどうか、についても、乳幼児アトピーと成人のアトピーでは私の見解は異なっています。)

【必見】赤ちゃんのお肌トラブル 大公開!

 「赤ちゃんをアトピーにしないために」

 「赤ちゃんをアトピーにしないために その2」

 「赤ちゃんをアトピーにしないために その3」

 「もし、赤ちゃんがアトピーになってしまったら」 (2009.1.28改訂)

 「もし、ステロイドを使ってしまっていたら その1」(2009.1.26改訂)

 「もし、ステロイドを使ってしまっていたら その2」

 「もし、ステロイドを使ってしまっていたら その3」

 「ステロイドは絶対に使ってはいけないの?」(2010.1.6 up)

 「皮脂温存入浴法の実際。その1」 (2009.2.8 up)

 「皮脂温存入浴法の実際。その2」 (2009.2.19 up)

 「保湿のTips(コツ)」 (2009.3.14 up)

 「夏のスキンケア(入浴法、保湿など)(2010.7.13 up)

 【重要】少なくとも一度は病院に行ってくださいね!

 「化膿しちゃったかな? という時(我が家の対処法)」

 ステロイドは絶対に使ったらいけないか? 〜そんなに思い詰めないで(1)(2010.11.15 up)


アトピー余談

 「なぜ、乳幼児期が大事なの?」

 「アトピー・湿疹‥‥‥ネットの書き込みから」

 「アトピーと菌と皮脂の関係。」

 「どうしてステロイドは良くないのか?」 (2009.2.12. up)

 「アトピー・湿疹‥‥‥ネットの書き込みから。その2」 (2009.2.16 up)

 「お医者さんと育児の深いミゾ」(2009.2.23 up)

 「アトピーのサイトカイン?:IL-31」

 佐藤健二先生 講演会レポート(1)

 佐藤健二先生 講演会レポート(2)

 佐藤健二先生 講演会レポート(3)

 【必見!】赤ちゃんのお肌トラブル 大公開!(2010.2.16 up)



アトピー BOOK れびゅ〜



 「赤ちゃんの肌トラブルを防ぐ本」 (2009.2.14 up)

お役立ちリンク
 「脱ステロイドの経験のある医師のリスト」
まずはこちらのリストで探してください。

 下記はまだまだ情報募集中です! よろしくお願いいたします。m(_ _)m
  「ステロイドを強制されないお医者さんリスト」

nice!(1)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 25

NO NAME

初めまして。
娘が(6ヵ月)湿疹?で悩んでいます。生後1ヵ月くらいから出始め、なかなか治らず小児科に行きました。ステロイドを出され塗れば綺麗になるの繰り返しで、違う小児科に変えました。そこでも、やはりストロイドを出されました。脱ステと言う言葉を知り、現在、ステロイドを出さない皮膚科に通ってます。そこでは、石けんで洗わない、保湿剤は使わない、ママが食事に気を付ける、掃除を毎日する。との事でした。飲み薬を飲ませてますが、おでこ、瞼、耳を痒がります。おでこは、引っ掻き傷だらけで、かわいそうです。耳も血がでて、汁もでます。頬も真っ赤で汁がでます。先週、見てもらったら「汁が出ても拭かずにそのままでいい」と言われました。
アトピーっぽいねと言われましたが、まだ検査はしていません。
このまま、ステロイドは塗らないでいた方がいいんでしょうか。痒がってる姿を見ると、涙がでてきます。
by NO NAME (2009-04-23 20:50) 

Luxel

>NO NAME さま

つらいお気持ち、分かります。私も我が子が痒がっている姿の哀れさに負けて、ステロイドを使ってました。でも、それは自己満足でした。痒がらない娘を見て、自分が安心していたかったに過ぎないんです。子どもの体はこれから何十年先を考えてやらなければならなかったのに・・・私はステロイドを何の疑問も持たずに1年も使ってしまったために、十年後の思春期の娘が成人アトピーを発症しないだろうかと恐れなくてはなりません。その気持ちが、娘の症状がほとんどなくなった今でも、アトピーとステロイドの勉強に向かわせています。娘がアトピーを再発してからでは遅いですから・・・。

とはいえ、つらいですよね。親としては「何もしない、ただ開腹を待つ」というのはつらいものです。

ステロイドを使わない医師でも、いろんな方針の先生がいます。保湿剤を積極的に使う先生、使わない主義の先生・・・どちらがお子さんに合うかはやってみないと分からないかもしれません。下記のリンクのリスト中の医師はどこもステロイドこそ使いませんが、治療スタンスはさまざまです。いくつか受診してみて、先生の治療方針を聞かれてみてはいかがでしょうか。その中で、実践してみてお子さんに合っているお医者さまを選べばよいと思います。
http://atopy.info/contents3.html


ステロイドさえ使わなければ、今、どんなにひどい引っ掻き傷ができていても、いずれはきれいに治ります。
どうぞステロイドの誘惑に負けないで、頑張ってくださいね!

by Luxel (2009-04-24 15:32) 

ふゆママ

初めまして。5ヶ月の娘の顔の湿疹が治りません。長文になりそうで、ここでは書ききれないのですが、どうしたら良いですか?パソコンはないです。携帯からこちらを見つけました。お願いしますm(__)m
by ふゆママ (2009-05-27 11:01) 

NO NAME

こんにちは。4月にもコメントを書いた物です。
あれから、まだ痒みが治まりません。本当にこのままでいいのか悩んでます。抱っこすれば私の服に顔を擦りつけ、顔を真っ赤にしてます。相当、痒いと思います。この痒みはいずれ、なくなるんでしょうか?買い物に行くと痒みで愚図り大泣きします。回りの赤ちゃんはみんな綺麗な肌をしていて、ジロジロ見られます。それもすごい気になります。
痒み止めの飲み薬を飲ませてますが、飲んでも効かないみたいです。
これから夏になると、もっと痒みが増すんじゃないか不安です。何かアドバイスなどあったら教えて頂きたいです。
痒がって大泣きする娘を見てると、ノイローゼになりそうです。
by NO NAME (2009-05-29 15:45) 

Luxel

>NO NAME さま

5月のNO NAMEさまとは別の方ですよね?おそれいりますが、ニックネームをお書きください。(NO NAMEはお避けください。)でないと、お子さんの情報が、他の方と混同してしまい、私も状況を把握できません。

切羽詰まったお気持ちは分からないではないのですが、ブログに断っておりますように、私は医師はありませんし、なにより、お子さんの患部を見ることすらできません。責任を持てる指示やアドバイスが出来る保証はどこにもありません。それでもよければ、という前提でお話を伺い、コメントをさせていただいております。

厳しい言い方になりますが、今のNO NAMEさまに必要なのは、冷静さを取り戻すことではないでしょうか。冷静さと強さがなければ、この先、成人するまでの長い間、お子さんを守り通すことはできません。可哀相と思うのが母親の性ですが、赤ちゃんの泣き声に感情が巻き込まれてしまっている状態では、治せるものも治せません。他の赤ちゃんや周囲の目線も、この際ですから、構う必要はありません。ご自分の赤ちゃんに必要なことだけをやる、という割り切りが必要です。今はそうは思えないかもしれませんが、完璧な、TVに出てくるような赤ちゃんなどいないのです。今はよく見えても将来病気になったり、問題が生じたりするのが当たりまえです。臨機応変に対処策をとれる冷静さが、母親には必要です。

失礼ですが、お書きのコメントには、私がコメントをしようにも必要が情報がほとんどありません。私は前のコメントで、妥当と思われる病院のリストのご紹介と、何軒か複数受診してもよいから、納得のいく医師を見つけることをお勧めしたと思います。

・あなたがこの一ヶ月間になさってきたことは何ですか?
つまり、
・今、おかかりの医師はどちらの病院でしょうか?
・リストに掲載の病院でしょうか?
・これまでに何軒の医師にかかり、どういう風に症状と治療は変遷してきましたか?
・「痒み止めの飲み薬」の名前はなんですか?
・今、ご自身が赤ちゃんにしているスキンケアの内容はどういったものでしょうか?それをどのくらい続けてらっしゃるのでしょうか?
・お住まいはどの地方でしょうか? リストにある病院におかかりになることは不可能なのでしょうか?

こういった具体的な情報が無ければ、私は何も返すことができません。もともと会ったこともない他人同士なのですから、言葉できちんと説明していただかないと何も分かりません。ここにコメントをお書きになっている他の皆さんに対しても同じなのですが、私は皆さんが「このブログのコメントに書かれた情報・状況」のみを元に、自分の経験と知識を加えて、私の推理や判断をお伝えしているに過ぎないのです。私の推理や判断を採用するかどうかは、皆さん自身がお決めになることです。

具体的な情報が無ければ、私には何も情報をお返しすることができません。ただ「痒い」「赤い」だけではほとんど情報が無いに等しいのです。貴方の切羽詰まった気持ちは伝わってきますが、それを受け止めるて不安を和らげることは私にはでません。どうか、まずは落ち着かれてください。それから、具体的な情報を、なるべく細かくお伝えください。(どういうふうに書けば良いのか分からなければ、他の方のコメントや質問もご参考になさってください。)それにお答えできるだけの知識が私にあるかどうかは分かりませんが、まずはそちらの情報がないと始まりません。ブログやHPはネットの上のみ繋がり、言葉だけが情報の全て、の世界です。(メアドはプロフィール欄に置いてありますので、写メを送る、という手もあります。)どうぞご理解ください。









by Luxel (2009-05-30 03:03) 

ハナ

大変申し訳ございません。
NO NAMEでコメントしてました。ハナと申します。


横浜に住んでますので、一番近い吉沢皮膚科に通ってます。
飲み薬は『セレテクトドライシロップ』です。吉沢先生には保湿は必要ないと言われましたので、保湿はしていません。お風呂もシャワーのみ5分くらいで済ましてます。汁が出てもそのままでいいと言われました。
生後1ヵ月くらいから、5ヵ月まで小児科と皮膚科でステロイド(ロコイド)を出され、良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。そして、リドメックスを出され(ステロイドは使いたくないと何回も言いましたが)、ステロイドをやめたいと思い、ネットでステロイドを使用しない病院を探し、吉沢先生にお世話になろうと思いました。前に、何件か当たるのを勧めて頂きましたが、通うのが大変なのでまだ、行けていません。


●痒みは、いずれなくなるのでしょうか。
●赤みは取れるのでしょうか。
●顔(頬、耳、額)、湿疹がひどいです。膝の裏側にも湿疹がでたりでなかったりです。

文章にまとまりがありませんが、何かアドバイスなどありましたら、ぜひお願いします。


by ハナ (2009-05-30 21:46) 

Luxel

>ハナさま

早速のお知らせ、ありがとうございます。

>ネットでステロイドを使用しない病院を探し、吉沢先生にお世話になろうと思いました。>前に、何件か当たるのを勧めて頂きましたが、通うのが大変なのでまだ、行けていません。

いえ、吉沢さんで正解だと思いますよ。横浜でしたらこれ以上の選択はないでしょう。ちょっとぶっきらぼうに見えて、質問しずらい雰囲気を先生に感じてられるかもしれませんが、不安に思っていることは何でも医師に聞いてください。きちんと答えてくれると思います。(質問に対して説明をしてくれない医師なら、変えるべきですが、そんな先生ではないと思います。私も講演会で発言なさる吉沢先生を拝見しておりますが、そんないい加減な医師ではない、とお見受けしました。もちろん医師も人間ですから、たまたま機嫌が悪い、ということはどの医者にもありますけどね。笑)

>飲み薬は『セレテクトドライシロップ』です。

これは服用して大丈夫です。完全に痒みを抑えることはできませんが、免疫の根幹を抑えたりしないので、その意味では安全です。(炎症反応の末端であるヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑えて、痒みを少なくする作用です。)ただし、効果には個人差があります。

>吉沢先生には保湿は必要ないと言われましたので、保湿はしていません。

ステロイドを使わない最近の治療の主流は「脱軟膏(=脱保湿剤)」です。
これは、ワセリンなどを長期に使用すると皮脂分泌能が低下したままになってしまい,乾燥肌が改善されないことから、あえてワセリンの使用をやめ、体が皮脂を分泌する能力を取り戻すのを待つ、という意味があります。

吉沢先生なら、菌で化膿して危ない時にはお分かりになると思うので、今は汁がでていても質の悪い菌はついていないと思います。だから「汁がでても、そのままでいい」のです。汁がかたまって黄色いカサブタになっても無理に剥がさないでくださいね。お風呂でふやかして取ったりもしないでください。そのカサブタの下で皮膚が再生してきますから。

私としては、0才というのはどんな子でも一時的に皮脂の分泌が最低になる時期ですので、皮膚の状態によっては保湿剤で足りない分の皮脂バリア機能を補ってやっても良いのでは?と考えています。ただし、皮膚に汁がでるようなジュクジュクした湿疹がある場所には保湿剤を塗ってはいけません。保湿剤に対してかぶれてしまう危険性があるからです。乾いてパサパサした皮膚に保湿剤を塗るのはOKです。

>お風呂もシャワーのみ5分くらいで済ましてます。汁が出てもそのままでいいと言われました。

5分でも長いかもしれませんよ? 30秒のお湯シャワーで皮脂は7割がた流れてしまいます。汗を流すには、シャワーをほんの一かけ、手で一なで、で充分なくらいです。それと、髪はどうなさってますか? 意外に盲点なのは、髪のシャンプーが体にかかって皮脂を流してしまうことです。赤ちゃんを横に寝かせて髪をすすぎ、石鹸・シャンプーの成分が体や顔に触れないようにしてやると良いかもしれません。(そもそも、脂漏性湿疹の時期が過ぎてしまえば、0才のうちは洗髪にシャンプー・石鹸は必要ない子が多いと思います。痒がったら使ってやった方が良いですが、痒がらない限りは要らないと思います。)

皮脂を流さないようにして、皮膚のバリアが回復してくれば、乾燥も治まり、炎症も治まり、炎症が治まれば赤みも無くなり、、痒みもなくなります。痒みは皮膚バリアに障害がでているよ、というサインなのです。

 顔、特に頬は最も皮脂の分泌が少ない部分です。入浴法を調節することによって皮脂を流さないようにしてやる必要があります。耳の周りも皮膚が薄く、湿疹が出来やすいですね。頬が治っても耳が治らないようなら、吉沢先生に相談なさってください。
 膝の裏は、機械的に良く動く場所なので、角質層に目に見えない傷や乱れができやすいため、これも皮脂バリアが破れやすく湿疹ができやすい場所です。(保湿剤で乾燥を防いでやっても、湿疹を防ぎきれないことが多いのです。)ここはもう、赤ちゃんが成長して皮膚が分厚くなるのを待つしかない場所かもしれません。湿疹が出てないときに保湿剤やワセリンなどで保護してやっても良いと思います。

ステロイドを使わずに、赤ちゃんの年齢に合った、というか、皮脂の分泌能力に見合った入浴・スキンケアをしていれば、年齢が上がるにつれても皮膚の角質層も分厚く、皮脂の分泌能力も上がってきます。おそらく年々改善が見えてくると思います。

赤ちゃんを洗う際、ときどき、シャワーの水のはじき方に注意を向けてみてください。皮脂が出ているほど、水をはじきます。あるいは指や手でなでてやると、質感が体の部分によって違うことに気がつくかもしれません。例えば夏は背中の、首の下あたりの部分などは皮脂の分泌が比較的多く、ペタペタした感じが分かるかもしれません。毎日観察しているとかえって分からないかもしれませんが、たまに、季節が変わったりした時に、注意深く観察してみると、赤ちゃんの皮膚のいろんなことが分かりますよ。それに応じて、入浴法もいろいろ変えてみてください。少々悪くなったりしたら、前の方法に引きかえせば良いのです。これから夏になって汗疹が心配になるかもしれませんが、シャワー or お風呂は一日一回にしてください。それ以上は良くないです。お子さんは「皮膚が弱い方」だと思って、洗いすぎないように心がけてください。(夏になると汗疹が出るかもしれませが、本当に汗疹かどうかは吉沢先生にきけば分かります。その時は先生から指示が出ると思いますし、入浴法も多少変更してください。このブログにご連絡くださっても構いません。)

それでは、どうぞ育児を楽しんでくださいね。
赤ちゃんの時期ってホントに短くて、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
皮膚は大丈夫、治ります。(多少の工夫はいりますが。)
お母さんの笑顔が赤ちゃんには一番の栄養です。
どうぞ赤ちゃんに、心の栄養をあげてくださいね♪

また何かありましたら、どうぞコメントください。
by Luxel (2009-05-31 14:48) 

ハナ

Luxel様。
お返事ありがとうございます。なんか、すごく頑張ろうって気持ちになりました。

シャンプーですが、頭も体も石けんは使っていません。1ヵ月に1回くらいは、石けんで頭を洗ってますが…。シャワーの時間、短めにしてみます。

吉沢先生、たしかにぶっきらぼうですね。でも質問すればちゃんと返してくれますし、笑顔がすごく優しい先生です。『そんなに心配しなくても、良くなるから』と励まされました。
食事を気を付けて、との事で、現在は肉類、甘い物を控えてます。
良くなったと思ったら、またブツブツが出てきますが、なぜでしょうか?
今、母乳なんですが、ミルクにすれば良くなると義母に言われましたが、やはり私の食べた物が、少しは影響しているのでしょうか。(吉沢先生からは食事に気を付けるようにと言われてます)


忙しいと思いますが、またよろしくお願いします。
by ハナ (2009-05-31 20:02) 

アイビー

ハナさまの
>ミルクにすれば良くなると義母に言われましたが

という書き込みを拝見して、
私の場合で恐縮ですが投稿させていただきます。


子供の湿疹に悩みこちらのHPにたどり着き
Luxel様の入浴法で見違えるようにキレイになりましたが
耳のあたりから口の周りにかけては
なかなか治りませんでした。

そんな時私が体調を崩し、完母だった子供に
丸三日間ミルクを飲ませましたら・・・
なんと、そのブツブツがすっきり治ったのです。

その後また母乳に戻したところ、
数日でまたブツブツが出てきています。


うちの子は血液検査で軽度の食物アレルギーがあり
母乳育児のためそれを避けてはいましたが、
完全には避けきれていなかった、もしくは
検査項目以外のものに反応しているのかなと。。

またミルクに切り替えて様子を見ようと思っています。

by アイビー (2009-06-01 06:06) 

Luxel

>アイビーさま

貴重な体験談をありがとうございました!
興味深いですね。

というのは、最近気づいたんですが、
母乳って、当然のことながら「工業製品」ではない訳です。
母乳の成分って、お母さんの体調や、体の成分に左右されるものなんですよね。

ということを私も実感しました。
というのは、連日の「こむら返り」がカルシウムやミネラルのサプリを補充することで、起こらなくなったんですよ。・・・ということは、こういう体の状態でもし授乳をしていたら、やはりカルシウムやミネラルの少ない母乳しか出せずなかったでしょう。

このことを実感しましたので、「母乳が最善」とは限らないんだな〜、と思った次第です。赤ちゃんのお世話にてんてこ舞いな時期ですけど、母乳をだす母体としての自分自身の体が栄養不足に陥らないように、食生活や過労に気をつけないといけないんですね。(乳牛を飼ってる畜産農家の人と同じ意識が必要かも・・・笑)

「3日程度、ミルクに変えて様子を見る」って、良い検討方法だと思います。(お義母さまはどこでこのことをお知りになったんでしょうか・・・さすがですね。)ミルクは免疫強化能は無いにしても、工業製品ですから、栄養素の不足は無いように調整されてるんですよね・・・自分の母乳成分に何が不足しているかを検討するには良い方法だと思います。(もちろんその後、母乳に戻した方が免疫的には良いですが・・・お母さんの食生活も立て直さないと、ということですね。)

たらお先生の「母乳の栄養不足!」論も、納得がいきます。
母乳成分のこと、もっと調べてからいずれ記事にしたいと思います。
貴重な情報をどうもありがとうございました。m(_ _)m

アイビーさまのお子さんも食物アレルギーがあるとのことですが、アイビーさまがその成分の摂取の完全除去にtryなさる(実験その1)ことと、ミネラル類(特にマグネシウム、亜鉛、鉄)をサプリなどで補って授乳されること(実験その2)を(別々に)行ってみてはいかがでしょうか? 原因がはっきりするかもしれませんね。ミルクを試した結果をまたお知らせくださると嬉しいです!

どうぞよろしくお願いいたします。

by Luxel (2009-06-04 06:43) 

ryo

はじめまして。
もうすぐ5ヶ月になる娘がいます。

生まれてから小さな湿疹が顔に出ては2・3日で消えの繰り返しくらいで
さほど気にせず4ヶ月まで暮らしてきました。
(それまでは汗疹も出ず綺麗な方だと思っていたので)
最近寒くなり乾燥してきているのか肌がカサカサになってきて
片方のホッペだけ真っ赤になってます。
(保育園でそちらだけお友達に掠られてから)
ちいさなブツブツが1・2個あり、黄色のかさぶたになっている程度です。

私としてはそこまで気にしなくてもいいかなと思っていたのですが
回りから肌がカサカサでかわいそうと毎日言われストレスが・・・
なので、保湿剤を塗るか迷っています。

迷う理由は、よく顔に手をやり、そして口に持っていくので
ローションやオイルが口の中に入ることです。

お風呂は毎日入っていますが、顔は石鹸で洗ったことありません。
(洗っても良いとしらなかったのと、どうやって洗うのかいまいちわからない。)
ガーゼで拭くくらいです。

大人みたいにローションしてオイルを塗ればいいのでしょうか?
ベビー用だったらお口に多少入っても大丈夫なんでしょうか?

あまりにくだらない質問でしたら申し訳ありません。
こちらを拝見させていただいて、とても勉強になりました。
たくさんの経験をもとにアドバイスをいただけたら、娘にとって一番いい方法ではないかと思い、質問させていただきます。

宜しくお願い致します。


by ryo (2009-10-23 10:23) 

NO NAME

生後4ヶ月の息子の皮膚の相談で、一件目の小児科に行ったところ、キンダーベイトを出され、ステロイドは使いたくなかったので、翌日、二件目の小児科でセカンドオピニオンとして相談したところ、ステロイドで最初しっかり治してあげた方がいいという、一件目の小児科と同じ判断で、ロコイドとヒルドイドを混ぜたものを出され、10日程塗りましたが、全然良くならず、県内で一番と有名な老舗の皮膚科に行きました。
結果アトピーと診断され、ステロイドを怖がる私に色々と説明されて、それでもステロイドが嫌だというなら、こちらでは対応できませんと言われ、そこで私は納得し、この病院で治療する事を決断しました。
ステロイド使用について、先生が「私には患者さんに対して責任がある!」と熱心に言われた事が、信じようと思ってしまった要因でもあります。
レベルⅡのステロイドを3日間塗って、再診察に来るように指示され、その後改善されたので保湿剤だけにしてくださいとの指示で、2日が経ちます。
とにかくこれから先、炎症を起こさない事が重要で、保湿をまめにしなさいと言われております。
しかしながら、2~3歳くらいまでには繰り返すと思って、あまり悲観的にならないようにとも言われました。
症状が落ち着いたから、次回の診察は一週間後で、何か変化があればすぐに受診してくださいと言われております。
それまでは夜中何度もぐずって起きて、顔を掻きむしる行為の繰り返しでしたが、今はぐっすりと、起こさなければ何時間でも眠ってる勢いです。
こんなにぐっすり眠る息子を見るのは初めてでした。
今まで相当な痒みに眠れずにいたのかと思うと、かわいそうで、ステロイドを怖がらず、もっと早く治療していてあげていればと反省していたところに、このサイトに出会い、ステロイドを使ってしまった事に、恐怖と不安と後悔の念に苛まれております。
やっぱりステロイドはダメだったんだろうか、私のしたことはやっぱり間違っていたのか、医者を信用すべきでなかったのか、あと何日でリバウンドが来てしまうのだろうかと不安で不安で仕方がありません。
寝ている息子が少し動く度に、リバウンドして痒がっているのではないかと夜眠れません。
レベルⅡのステロイドを使ってしまって、もうどうしたらいいかわかりません。
by NO NAME (2009-11-15 03:55) 

Luxel

>NO NAME さま

お返事たいへん遅くなって申し訳ありません。
どうぞそんなに心配なさないでくださいね。
すでにステロイドを使ってしまった方を不安にさせるためにこのブログを書いた訳ではありません。使った方は「さて、これからどうしよう」というその方法を提供するために私はこのブログを書いているのですから。

心配しないで、というと、変に聞こえるかもしれませんが、
ステロイド皮膚炎やステロイド依存を起こす子どもは
実際には10人に一人か二人くらいだろう、と推測しています。
ステロイド塗布剤のリバウンドを起こす人はたいてい月から年の単位で長期連用してしまった人がほとんどです。
お子さんはまだ4か月ですし、ステロイドの使用も断続的で、依存をおこしてはいないと思いますので、リバウンドに怯えることはありません。


ただし、皮膚が弱く無い子でもステロイドを連用すれば、皮膚は変成し萎縮を起こしてきますし、皮膚の感染も起こしやすくなります。これはステロイドの副作用です。
ですので、ステロイドはこれ以上なるべく使わないよう、できるだけ保湿だけですむように、入浴法や保湿をこれまで以上に行ってみてください。(入浴法については上の記事のリンク「皮脂温存入浴法の実際」の記事をお読みになってください。入浴法といっても、入浴を控えるのが基本ですので、ご注意を。)

でも、どうしてもステロイドを使いたい場合は、これも変な言い方ですが、思い切って使っても結構です。というのは、その先生の指導法がまだましなのは、断続的な指導を進めている点と保湿をしっかり指示している点です。その点、まだ良心的です。ステロイドも1度や2度の使用でひどい副作用が出ることはありません。怖いのは、連用することです。

ただし、今後ステロイドのランクがあがるようなら、その先生に見きりをつけた方が良いと思います。ランクが上がる、ということはその医師のコントロールスキルが足りないことを示しているからです。
適当な医師が見つからないようでしたら、メールにてご連絡ください。

しかし、その医師も「責任がある」と豪語するならきちんと勉強して欲しいものですね。海外の文献をあたり、国際学会でいろんな科の医師と話を交わせば、ステロイドの問題に気がつきそうなものです。できれば分子薬理学や分子免疫学も勉強していただきたいところですが。

日本の皮膚科医のアトピー治療は世界とかなりかけはなれた状況にあるのが現状ですので、ことアトピーやその予防のためにはこちらが「医師を選ぶ必要がある」のです。残念なことですが。「お医者さんはエラい」と日本人はなんとなく思っているのですが、それは世界的には奇妙なことです。何故なら医師と患者は「医療サービスの提供者」と「利用者」の関係のみであって、それ以下でも以上でもありません。利用者が良いサービサーを選ぶのは当然なのです。患者がいなければ、また医師という職業もなりたたないのですから。

どうぞ安心なさって、明日からまた元気に、よりよい入浴法や保湿法を試していってくださいね。(^ ^)/

by Luxel (2009-12-15 14:44) 

Luxel

>ryoさま

お返事たいへん遅くなりましてすみません。m(_ _)m
もうご覧になってはいないかもしれませんが・・・

>保湿剤を塗るか迷っています。
>迷う理由は、よく顔に手をやり、そして口に持っていくので
>ローションやオイルが口の中に入ることです。


よくわかります。
ワセリンも、口に入るとなると微量な不純物でも気になりますよね。
高純度のワセリン「サンホワイトP-1」という商品があることを
コメントくださったお母様から教えていただきました。

あとは、植物性バターもいいかもしれませんね。
アボガドバター(+ホホバオイル)が良かった、という方もいます。
シアバター化粧品で有名なロクシタンから「ベイビースキンバーム」というのもでています。
あと「ベビーバーユ マドンナ(馬油)」というのもあるそうです。
(情報くださったみなさま、どうもありがとうございました!)

これらには界面活性剤が入っていないので、口に入っても安心ですし
悪化する心配はあまりないのでは、と思います。

ローションも界面活性剤が入っていないウォータータイプなら心配ないのではないでしょうか。
精製水でもいいのでは?と思います。
これを手でパッティングして水分を補給し、その後バターやオイルを塗ってフタをします。

でも、いちばん効果があるのはズバリ
「お風呂に入れないこと」
のようです。
最初、おっかなびっくりですが、
間隔を一日ずつあけていってください。以外と汚れないことがわかると思います。
8日間お風呂に入れずに、ゆっくり快方に向かってます、と報告してくださった方もいます。
うちも今一週間風呂イレズにトライ中です。

by Luxel (2009-12-17 09:44) 

mkr

初めまして、現在3カ月半になる息子がいます。
生後一ヶ月頃から乳児湿疹が治らず、最近では頬を痒がって掻いてしまうので、血が出たり、汁も出てしまいます。

頬にはアンダーム軟膏や市販のワセリンを塗って、体にはローションを塗って保湿もしているのですが、頬はミトンの上からも掻いてしまうので、せっかく塗った薬もとれてしまう為、かわいそうですが、両手を縛って掻けないようにもしていたのですが改善されない為、皮膚科に行ったところ、処方された薬が「プロペト」、症状の強い所・赤い所用に「プロペトとキンダベート軟膏を混ぜた物」、顔・四肢の湿疹用に「アンダーム軟膏」、ジュクジュクした所用に「テラ・コートリル軟膏」をそれぞれ1日2回と処方されました。

しかしLuxelさんのブログを拝見し、これらにステロイドが入っていないか心配になり調べると、プロペトとアンダーム軟膏以外はステロイドが入っているようなので、使用するのに抵抗があります。
しかし痒みがある場合、どうしたらいいでしょうか?

やはりもう一度病院に行き直し、違う薬を処方してもらわないといけないでしょうか?

できれば少し家から遠い為、市販で対処できる方法を教えて頂けると幸いです。

長文・乱文になり申し訳ありません。
by mkr (2010-04-05 14:35) 

Luxel

>mkrさま

こんにちは!
アンダームも一ヶ月連用すると約半数が接触性皮膚炎を起こすので、できるだけお使いにならない方がよいかと思いますよ。

かゆみをできるだけ抑えたい場合にはモクタールが良いと思います。「寺町漢方薬局」が通販で売っています。ここの薬局は電話でどの濃度のモクタールを買えばよいか、相談にのってくれるそうです。

ただ、モクタールは色が強いので、汚れてもいい服やシーツを決めて使った方がよいと思います。汚れてすぐなら洗濯機に放り込んで洗えば落ちます。
ただ、モクタールも何ヶ月も連用すると接触性皮膚炎を起こすことがありますので、症状が引いたら亜鉛華軟膏やワセリンに切り替えることをお勧めします。(とはいえ、ステロイドに比べれば、遥かに安全です。)亜鉛華軟膏はドラッグストアで「サトウザルベ」という名で買えます。

ステロイドを使わないお医者さんは行こうと思えば何とか行ける距離ですか?
もしなかなか良くならないようなら、どうぞ受診を検討されてくださいね。

それと、もしよろしかったら最新記事のアンケートにご協力お願いいたします♪
http://sibelius.blog.so-net.ne.jp/2010-03-24

ご回答はコメント欄でもメールでも結構です。
luxelblog@yahoo.co.jp


by Luxel (2010-04-06 13:29) 

mkr

Luxel様

(1)もうすぐ4ヶ月
(2)完ミ
(3)200ml 1日4~5回
(4)7キロぐらい?(検診前なのでかなり曖昧です)
(5)まだ開始前
(6)まだはえてません
(7)産後2ヶ月半過ぎぐらい
(8)
(9)季節は冬。 生後1ヶ月ぐらい
(10)頬の乾燥・湿疹の痒み, 脇・膝裏が赤くなっています。 
(11)パパ・ママ共に花粉症です(パパはひどいです)
(12)まだ受けていません

以上です。
御参考になれば幸いです。

お忙しい中、早速の御返事本当にありがとうございます。
我が家の近辺には残念ながら皮膚科が先日受診した所しかない為、選択肢がありません。

教えて頂いた薬を早速探して使用してみたいと思います。
by mkr (2010-04-07 10:25) 

Luxel

>mkrさま

アンケートにご協力ありがとうございます!m(_ _)m

記事化、気長に待っていただけるとありがたいです。(^ ^)/


by Luxel (2010-04-09 09:44) 

★しましまパンツ★

こんにちは!
昨日、コメントで質問をしたのですが
送信されていますでしょうか?

お時間ある時に、教えていただければ幸いです。

因みに、ステロイドを使わない医者に知り合いが行っているので
記載しておきます。
茨城県です。
http://www.tsurumachi.jp/index.htm



by ★しましまパンツ★ (2011-07-07 13:36) 

★しましまパンツ★

先ほどのコメントが、記載されて
昨日送ったコメントが、届いてない事が解りました。
改めて、質問させてください。

はじめまして。
8ヶ月の息子がいる母です。

生後から、体のガサガサ、顔の赤いのに悩まされ、ギンダベートを処方されてきました。
(ヒルドイド系は、赤くなってしましました。)
体に一度、ネリゾナを処方された事もあります・・・・・。

最近、脱ステロイドをして
何故か、体は過去で一番綺麗になりました。
顔も、ステロイドをやめて4日ぐらいはホッペだけ赤くて、それなりに綺麗だったのですが・・・。
10日たった今、とても酷いです。と言ってもまだグジュグジュしてはいません。赤く炎症してます。
普通の皮膚科で、ゲンタジン軟膏とアズノールをゲットしました。
しかし、そこの皮膚科の先生はモクタールの事を知りませんでした・・・。
今、ステロイドを使わないで処方してくれて、実績のある先生を近場で探しています。今、サイトを読破しているところです。
とても参考になります。

&今、息子にはお風呂の改善と、体質改善の為、口コミの良い「アレルケアL92」を試しています。
http://www.calpis.co.jp/laboratory/index.html
https://www.calpis-shop.jp/l-92/

ところで、モクタールの事なのですが、
薬剤師さんに、なぜ生産中止になったか聞いてみたところ
「昔、タール剤はよく使われていたが、発ガンの副作用があり、親御さんから反対が多くて、生産されなくなった。」といわれました。
実際のところ、どうなのか知りたいです。

よろしくお願いします。

by ★しましまパンツ★ (2011-07-07 15:00) 

Luxel

>しましまパンツ様

モクタールをご存知の先生は、今はもう余程お年を召した先生でしょう。一般的には「戦前の薬」「過去の遺物」といった薬です。再評価して欲しいところです。

>「昔、タール剤はよく使われていたが、発ガンの副作用があり、親御さんから反対が多くて、生産されなくなった。」といわれました。

これなんかまさしくコールタールと木タールを混同していますね。モクタール(吉田製薬)の生産が中止されたのは、薬価があまりにも安く、利益がコストに見合わないため製造中止になった、というのが本当のところです。(建前、原料不足ということになっていますが、作ろうと思えば松材の輸入先を変えれば作れたのですが、それこそコスト高になって見合わない。。。)

発癌性については、モクタールはよくコールタールと混同されています。
コールタールは確かに発癌性があり、一昔前は「ゲッカーマン療法」として乾鮮の治療として広く普及してましたが、今はほとんど使われておりません。コールタールには疫学上明らかに発癌性が認められ、それが実験でも確かめられたのですが、木タールに発癌性が認められたという調査はありません。

発癌性物質である、α-ベンツピレンを全く含まない訳ではないので(精油所にもよるのですが)、コールタールに比べれば相当微量です。発癌の可能性が全くないとは言えませんが、コールタールに比べたら非常に低いと考えて良いでしょう。木タールは皮膚の薬として使われてきた数千年の歴史がありますので、これまでに怪しいと思われる症例があったら必ず、検証されているはずです。(なぜなら、皮膚がんは一目見て分かりやすい=目視できるので、見逃しはありえない。石油から抽出するコールタールと、木を乾留して得る木タールの成分はかなり異なっており、また、当ブログで紹介するやり方では塗る量が多くならないため、発がん性を心配する必要はないと考えています。(ちなみにゲッカーマン療法はコールタールで全身を封入する)

木タールの情報は少ないのですが、木タールを乾留して得る木クレオソートと石炭クレオソートの違い。
http://www.seirogan.co.jp/medical/creosote/what.html
http://www.seirogan.co.jp/medical/creosote/safety.html
by Luxel (2011-07-07 18:23) 

★しましまパンツ★

詳しい情報をありがとうございました。

モクタールではなく、コールタールが発癌性物質なのですね。
とても安心しました。
在庫がある漢方薬のお店で、買ってみようかと思います。

その後の息子は、ゲンタジン軟膏を顔に塗ってます。
一皮剥けるのか?!鼻の周りなどは、皮膚がカサカサして皮膚の瘡蓋みたいです・・・・。一日5回ぐらい塗ってます。(こんなに塗って大丈夫ですか??)
おデコと、目の周りは、まだまだ赤く・・・・炎症してます。引き続き、石鹸禁止を継続したいです。
頭は、一日おきに石鹸で洗ってます(2日洗わなかったら、痒くてか髪を引っ張っていてので・・・。)
体は、毎日石鹸を使ってます。体も一日置きにするか検討中です。(なんせ、過去にないくらい綺麗を維持できているので、変えるのが怖いです。)

でも、本当に為になるサイトを作って下さってありがとうございます。
夫婦で毎晩読んでます。
息子の肌が良くなったら、また報告したいです。

ありがとうございました。


by ★しましまパンツ★ (2011-07-07 22:02) 

舞羽

舞羽めまして。 Twitter@ri _ayrです。
うちの 子供たちも 最初は軽く、顔とひじひざの汗疹が痒そうな程度のアトピーで、ステロイドの知識を知らないまま塗り続けていました。病院が変わるごとに薬もかわり、気づけばやや強めの塗り薬を処方され指示にしたがい塗ってきました。その結果、次女(現在8さい)と長男(現在4さい)は、全身 に炎症が広がっていきました。去年6月から、ステロイドはよくないということを知り、保湿を朝昼晩夜中まで保湿をかかさずにいたら、徐々にステロイドの範囲が減って、今年5月から、完全にステロイドをやめるに至りました。ひじひざ以外はすっきりきれいになってましたが、やはりガチガチになったひざひじは、リバウンドを数回繰り返しながら少しずつ炎症が減っていきました。そして8月、友人から、塩マッサージを勧められ、塩水をお風呂のときにつけるようになったら、最初は順調に うそのように白いはだが出現しましたが、開始から20日目くらいから、長女(現在10才)と長男に吹き出物が ひじひざにできはじめ、特に長女は、吹き出物をかきこわしてしまい、トビヒになり、現在治療中です。
長男のひざ裏も 一部ぐちゅぐちゅになり、昨日から塩マッサージを中断しています。
なぜか、次女だけは、吹き出物が1箇所だけで、順調にきれいになってます。塩マッサージのことで何か知っていたら教えてください。

by 舞羽 (2012-09-03 06:26) 

すいか

コメント失礼致します。
これから記述するのは礼を欠いた大変失礼な内容ですが、お伝えしたい、と思ったのです。

私がコメントを残したいのは、luxelさんと言うよりは、こちらのブログを参照されている方です。現在2017年で生活している私は、luxelさんが書かれたアトピーのブログに感銘を受け、試行錯誤しながら脱ステロイドを頑張りました。しかしluxelさんが勇気を持って頑張って書いてくださったこの記事は何年も前のもので、今は医師の指導も変わってきているのです。勿論指導を変えていらっしゃらない医師の方もいます。なので納得いくまで何軒か病院をはしごすることは大事です。

ステロイドを使わないメリットはあると思います。しかし使わないデメリットも存在すると思います。私の子は非ステロイドを選択した数ヶ月で食物アレルギーが悪化しました。無知な私ではその因果関係を説明できませんが、そのような事が起こる可能性もある、という事を記述しておきます。

インターネットという他者の知恵を借りられる場は素晴らしいです。しかし現実の、医学を学ばれているプロの方にお話を聞くことも大事だと私は考えます。後悔しないように、ステロイド推進派の先生のお話も疑心暗鬼にならずに聞くことは必要です。ただし昔ながらの指導をされる方もいらっしゃるので、数件は皮膚科、アレルギー科をまわることをお勧めしますが…。

子の負担を軽くしてやりたい、と思う親の心は皆一緒です。色々な考えがあると思いますが、治癒に向けて頑張りましょう。長文失礼致しました。
by すいか (2017-06-20 13:58) 

Luxel

>すいか様

非常に遅レスで申し訳ないです!
いろいろな事情(主に私の体調ですが。。。)にて自分のブログチェックすらできないでおりました。
お許しください。

冷静なご指摘を、たいへんありがとうございます。
私自身も、経時的な変化はなんとなく感じていたことでした。
なので、

>今は医師の指導も変わってきているのです。

の、具体的な内容を書いていただけたならば、有益でもっとよかったです。(どういう風に変わってきているか。)

(もしその指導の内容が「皮膚をステロイドを使ってしっかりふさいで、炎症を抑えないと食物アレルギーがひどくなるよ」という指導内容ならば、その指導には科学的な裏付け(疫学調査)はありません。
これが「ステロイド」ではなく「保湿剤」ならば論文が若干出ています。)



by Luxel (2017-09-13 16:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました